寺院仏具 仏像の修理 洗浄 泡職人
メイクリーン HOME 仏具 泡洗浄 修理 施工例 仏具の洗浄 修理 費用 メイクリーン 特許 メイクリーン 会社概要 サイトマップ お問い合わせ
   
施行実績集

初めての方へ
寺院施行例(泡職人)
最近の寺院 作業

情報
メイクリーンの技術

マスコミ実績
プライバシーポリシー

問い合わせ メイクリーン(泡職人)
寺院での感謝状
仏壇洗浄 修理 社長のブログ

メイクリーン 復興支援




 







 寺院施工例 TOPへ

寺院施工例 宮殿


 メイクリーンの泡洗浄修復で永年の煤や油煙を除去しますと

金本来の輝きを「短時間・低金額」で蘇らせることが可能です。


汚れた油煙が無くなり、昔の輝きが甦りました。洗浄前と後がはっきり分かります。

 

 

宮殿の彩色は油煙汚れで真っ黒になっていました。

油煙汚れを除去すると、本来のベンガラ彩色の紅色が見事に甦っています。

永年、放置されたお寺の宮殿です。

傷みが激しく、塗部分も剥がれてしまっています。

予算的に非常に難しい内容でしたが、メイクリーンの特許を

駆使して施工をおこないました。

 

施工前    
施工後    

 

門徒さんが金箔部分を拭いてしまい、気になっておられたご住職様。

この度、ご縁があり弊社の出張クリーニングのご発注を頂きました。

「予想以上の仕上がり」とありがたいお言葉を頂きました。

職人冥利につきます。

 

施工前    
施工後    

 

ご住職様からのご要望で、御宮殿の建付けと屋根中央の油煙汚れを

クリーニングするため、現場で解体・洗浄・組立を行いました。

施工前 泡洗浄中 施工後
     
 

 

施工後

   
 
     

 

 

永年、気にはなっているものの、予算的に延ばし延ばしになっていたようです。

紹介で、メイクリーンに声がかかり、現場施工対応させて頂きました。

宮殿は、気軽にお掃除できるものでもありませんので屋根などは

永年の煤で汚れています。

「特許泡洗浄修復」「漆の磨き」「金具の洗浄」で見事に輝きを

取り戻しました。

 

施工前    
 
 

 

 

施工後

   
 

 

寺院の建て替え時に仏具一式、洗浄で綺麗にすることになりました。

@仏具が空っぽになった状態です。建築会社と連携して仏具洗浄する機会が多いです。

A別院の内陣リフォーム中に、宮殿を分解して泡洗浄しました。

宮殿を取り払った状態です。

@ A

 

洗浄後の綺麗になった宮殿を据え付けて、金柱上部に彩色職人が彩色しています。

彩色作業後の内陣は金色が眩い極楽のように輝いていました。

 

瓔珞

瓔珞は天蓋、憧旛などの寺院仏具の吊し飾り具として 用いられています。

写真は輪灯瓔珞(りんとうようらく)です。

現在でもシャンデリアの飾り物に呼ばれています。

輪灯瓔珞の傘のフックから瓔珞を1本づつ降ろします。繊維糸が使用されている場合、

切れる心配がありますので、切れないように抱えるように外します。

しかし、作業前にご住職様のご了解を頂いて切れかかった繊維糸は

ステン糸に取り換えてから、泡洗浄しています。

 

 

瓔珞の繊維糸が傷んで切れかかっていましたので、

汚れた瓔珞を筒に入れ泡洗浄しています。

最近は切れかかった繊維糸はステン糸に取り換えてから、泡洗浄しています。

大きな瓔珞は1本づつ、丁寧に上からも下からも泡洗浄します。

短い瓔珞が数多くある場合は2段のステンレス角ハンガーに吊して泡洗浄します。

瓔珞の下方に吊されている宝鐸(ほうたく)は

内側に汚れが貯まっている場合がありますので、特に念入りに泡洗浄します。

瓔珞は密集していますので、ぶつかって金箔が剥がれることがないよう、溶剤ススギ後、

十分に乾燥させます。その後、綺麗になった瓔珞を所定の場所に吊します。

 

 

 

施工前 施工後

 

 

 

天蓋

お導師さまが座る場所の上には、四角または六角・八角の大きなものが

吊ってあるのが人天蓋です。汚れた人天蓋を泡洗浄します。

まず、本体の上部のフックから汚れた瓔珞を取り外し泡洗浄します。

本堂を汚さないように十分な養生し、本体とバレン板は取り付けたまま

泡洗浄します。

傷めることもなくなく、短時間で綺麗にすることができます。

 

施工前 施工中 施工後

 

人天蓋の内側

人天蓋の内側が油煙で真っ黒に汚れています。天女の彩色を傷めることなく、また、人天蓋を吊ったままで

泡洗浄により綺麗にしました。

 

屋根

通常天蓋を吊るしたまま泡洗浄しますが、天蓋の屋根が非常に汚れている場合は、降ろして清掃します。

 

施工前 施工後
施工前 施工後

 

      

 

 

施工前
施工後

 

幢幡

幢幡は仏具の一つで

飾りのある竿柱に長方形の美しい布をたらした旗の類の総称です。

大きな幢幡なので、本体と瓔珞を分けて別々に泡洗浄します。

帯電ハタキで埃を払い、幢幡本体の上部のフックから汚れた瓔珞を取り外します。

繊維糸が使用されている場合、切れる心配がありますので

切れないように抱えるようにして外します。

今回は狭い本堂に仏具も多く養生が難しかったので、養生が比較的容易な

泡洗浄筒を使用し瓔珞を泡洗浄しました。写真は泡洗浄筒を取り付けている写真です。

泡洗浄筒に泡を満杯にし洗浄している写真です。この後、溶剤ススギで消泡すると、

昔の金箔が見事に甦ります。

 

大きい幢幡なので吊ったまま泡洗浄しました。

 

 

 

施工前  

 

施工後  

 

 

施工前 施工中 施工後

 

 

 

                                                        寺院施工例 TOPへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


仏壇のクリーニング 修復 お洗濯
大阪株式会社メイクリーン お仏壇本舗
〒599-8114 大阪府堺市日置荘西町1-22-20
東京支店   東京都新宿区上落合1-17-12-102
Tel:072-286-6280 Fax:072-286-6281 フリーダイヤル: 0120-57-0506